エコジャーナル eco journal

マチダコーポレーションがお届けするエコライフを考えるウェブマガジン
SPECIAL FEATURE TECHNOLOGY REPORT PRODUCT ECO CIRCLE ECO STYLE ABOUT US

REPORT

ユニバーサルデザインの素晴らしい舗装「太田市南一番街」



太田市は昔、宿場町として栄えその文化と歴史を築きました。中心市街地は、金山をはじめとする豊かな自然を有するとともに、駅、商店街、公共施設などの様々な施設に近接した地域です。それらの地域特性を活かしながら中心市街地の活性化を図る為に、太田市では、住・商・職・賑・集・学・遊、等の多様な都市機能を集積したコンパクトなまちづくりを進めています。キーワードは「まちなか居住」「まちなか交流」とし、生き生きと安心して暮らし続けられる中心市街地づくりを目標としています。中心市街地活性化のテーマ『くらっせ・おおた』は、「classe(品、気品)」の意味が含まれています。それは太田市の将来像としてあげている「品格のある生活文化都市」にも通じます。
そんな取り組みのなかで太田駅周辺は、まちの玄関口としての役割をはたす重要な地区として、認識されています。整備する上での課題としては『バリアフリーの推進による、安心して歩ける歩行者空間の整備』や『太田駅周辺における駐車場・駐輪場の整備』等が盛り込まれています。そんな太田市の取り組みの一部を、舗装という観点から紹介したいと思います。
キーワード、テーマ、将来像
車道を減らし、歩道を広くしました。


車イスも通行しやすいよう平坦な歩道になりました。

透水性と滑り

近い将来、わが国は超高齢化社会が到来すると言われており、高齢者の交通死亡事故の50%は歩行中というデータもあります。水はけの悪い舗装は、滑りやすいため高齢者や障害者には危険です。右のグラフは滑り抵抗値と事故の発生件数の関係を示したものです。滑り抵抗が大きくなるにしたがって、事故件数は減少しています。このことからも水はけがよく、滑りにくい舗装が求められていることがわかります。

Eco-pave透水性インターの使用
滑り抵抗値と事故の発生件数の関係

幅員の確保と平坦性

車椅子使用者も含め、誰もが安全に通行でき、すれ違いや追い越しができるよう幅員の確保と平坦性が求められています。幅員を確保する方法として電線類の地中化が効果的であり、インターロッキングブロック舗装はキャブシステムやCC ボックスにも対応可能です。
また、車両乗り入れ部の連続による波うち舗装により平坦性が確保しづらくなるケースもありますが、このように広い幅員であれば問題ありません。
広い幅員による平坦な舗装、目地幅の小さい福祉対策型製品

視覚障害者の誘導

視覚障害者を適切に誘導するために視覚障害者誘導用ブロック( 以下誘導ブロック) は全国的に普及しています。視覚障害者は触覚( 足と白杖)と視覚で誘導ブロックを認識しており、視覚障害者の多くは弱視者であるため、触覚よりも視覚で判断していることが多いといいます。しかし、現状では色彩に関して、周辺舗装と同じ色調で識別しにくくなってしまうケースがあり、また一方では黄色の誘導ブロックが晴眼者にとっては景観性を低下させると指摘されることもあります。
こうして誘導ブロックは周辺舗装との対比効果の発揮の仕方などについて、全国的な統一への要望も高まっています。
誘導ブロックと輝度比3.2の例、輝度比1.5と2.0

すべての人にやさしい歩行空間イメージ図

ユニバーサルデザインの考えに基づいた歩行空間は下図のようになります。
「交通バリアフリー法」、 「道路の移動円滑化整備ガイドライン」を参考にしています。


1. 幅員2m以上:車いす使用者がすれ違える最低幅員。
2. 横断勾配1%以下:舗装を透水性舗装とする事を条件とし、福祉に配慮した勾配。
3. セミフラット構造:波打ちが発生せず排水処理がしやすい。
4. 透水性舗装:雨水を地下に浸透させる。
5. 雨水ますの位置:横断歩道を避けて設置することが望ましい。
6. 車道との段差2cm:車いす使用者の歩行が可能であり、視覚障害者が認知できる高さ。
7. 横断勾配5%以下:車いす使用者が歩行でき、脚力の弱い高齢者に配慮した勾配。
8. ポラードの位置:車の乗り上げを防止し歩行者の安全を確保。
9. 視覚障害者誘導用ブロックの設置:視覚障害者の適切な誘導を図る。
10. 縁石の高さ15cm以上:歩車道の分離を明確にする。
11. 電柱の地中化:電柱がないため幅員が広く取れ景観も良い。

用語説明

ユニバーサルデザイン:
ユニバーサルとは英語で「普遍的な、すべての」という意味です。従って、ユニバーサルデザインとは製品、建物、環境をあらゆる人が利用できるようにはじめから考えてデザインするという概念で、障害、年齢、性別、国籍等、人が持つそれぞれの違いを超えて、すべての人が暮らしやすくなることを前提としています。もともとあった障壁(バリア)を取り除く(フリー)というバリアフリーデザインとは異なります。

交通バリアフリー法:
正式名称は「高齢者、身体障害者等の公共交通機関を利用した移動の円滑化の促進に関する法律」といい、平成12年5月に公布されました。高齢者の方、身体障害者の方、そのほか妊産婦の方などの公共交通機関を利用した指導の利便性・安全性の向上を促進するもので、乗降客が5,000 人以上となる駅などの旅客施設を含めた交通結節点や商店街などが対象となっています。
参考文献

インターロッキングブロック
舗装設計施工要領
(社)インターロッキングブロック舗装技術協会。

道路の移動円滑化整備
ガイドライン
監修/国土交通省 道路局企画課
編集・発行/財団法人 国土技術研究センター。

インターロッキングブロックを用いたユニバーサルデザインプランの技術資料(20ページ)がございます。
詳しくはお問い合わせください。

マチダコーポレーション(株) 技術サポートデスク
TEL : 027-266-0070
REPORT
Vol.6 保水性舗装用ブロックの色彩が及ぼす視覚障害者誘導とヒートアイランド対策への影響について

Vol.5 次世代ユビキタス社会をめざして

Vol.4 ユニバーサルデザインの素晴らしい舗装「太田市南一番街」

Vol.3 屋上緑化の施策と和みの提案

Vol.2 省資源・省エネルギー公園「いせさき市民のもり公園」

Vol.1 「ソニーイーエムシーエス株式会社木更津テック」の環境活動紹介


エコジャーナルブログ
このページのトップへ

マチダコーポレーション Copyright 2006 MachidaCorporation,Ltd. All rights reserved. プライバシーポリシー