エコジャーナル eco journal

マチダコーポレーションがお届けするエコライフを考えるウェブマガジン
SPECIAL FEATURE TECHNOLOGY REPORT PRODUCT ECO CIRCLE ECO STYLE ABOUT US

REPORT

屋上緑化の施策と和みの提案



ここ数年、屋上緑化が注目されています。2001年4月、東京都での屋上緑化の義務化を引き金に、国や地方自治体の緑化推進の動きが活発化し、屋上緑化への関心が高まりました。
屋上緑化と一口に言ってもただ緑を増やせばよいというものではありません。地上の緑化と違い、植物の根や防水対策などさまざまな制約や問題が出てきます。ここでは屋上緑化の効果や施工上のポイントを紹介したいと思います。
近年の緑化施策の流れ

屋上緑化のメリット

断熱効果
真夏の屋上で緑化していない部分が60℃近く上がるのに対し、緑化部分は蒸散作用や熱遮断作用により30℃近くまで下げる効果があります。

省エネ効果
断熱効果により建物内の熱負荷を低減させてエアコン使用量を減らせば、夏冬では10万円の節約効果が期待できます。

建築物の保護効果
紫外線による屋上面の劣化を防ぎ、昼夜の温度差での膨張収縮による亀裂も防ぎます。

ヒートアイランド軽減効果
約4m2の芝があれば家庭用エアコン1台分の冷房効果があると言われています。またエアコン使用量も減ることで廃熱とエネルギー消費も減ります。

大気浄化効果
光合成による二酸化炭素低減効果だけでなく、大気中の有害物質も吸収分解して無害化してくれます。

アメニティ向上効果
日頃から緑を見ることで安らぎ感が得られ、ストレス解消や作業能率のアップといった効果があります。


屋上緑化のポイント


屋上緑化イメージパース

デザインコンセプト
この屋上緑化では利用者が屋外の開放感を感じながら芝の上をはだしで歩いたり、腰掛けて日向ぼっこや会話を楽しんだりする事を目的としています。ストレスの多い現代社会では、こういった癒しの空間が求められていると考えられます。
また、材料の荷重も考慮に入れ屋上緑化に適した軽量の材料を提案してみました。


EPSインター
【114kg/m2
発泡スチロールを減容固化し再利用したリサイクル舗装材。熱を吸収しづらくこれからの地球環境に配慮しています。
ラバーインター
【40kg/m2
合成ゴムなので軽く、ほどよい弾力が歩行時の足への負担を軽減する体にやさしい舗装材。
エコスリーパー
【62kg/m2
パインを原材料にした軽量で加工しやすい枕木。植物性の塗料を使用しているので安心して使用できます。
ココターフ
乾燥時【66kg/m2】/保水時【80kg/m2
ファンシア
【19kg/m2
高級感のある大きな天然玉石を使用した透水性樹脂舗装材。強度も高く一液樹脂のため施工性も抜群です。
<オーストリアレンガ
strong>スリムぺーバー
【68kg/m2
厚さ32mmと薄厚・軽量で施工性の高い歩行者専用舗装レンガ。


PRODUCT INFORMATION
ココターフ
薄型・軽量
わずか10cmで芝生が育ち、設計荷重約100kg/m2程度と軽量。

簡単施工
厚み6cm、約7kg/枚と軽量で運搬・施工等が簡単。

踏圧に強い
基盤が沈み込まず自由な歩行や車椅子での乗り入れも可能。

ココ炭パワー
ココ炭(ヤシガラ炭)には浄化作用や微生物効果があり芝の育成環境を良好にします。
標準仕様断面図

ココターフ販売元
浅間軽石株式会社
TEL: 03-3987-1521
URL: http://www.asama-inc.co.jp
REPORT
Vol.6 保水性舗装用ブロックの色彩が及ぼす視覚障害者誘導とヒートアイランド対策への影響について

Vol.5 次世代ユビキタス社会をめざして

Vol.4 ユニバーサルデザインの素晴らしい舗装「太田市南一番街」

Vol.3 屋上緑化の施策と和みの提案

Vol.2 省資源・省エネルギー公園「いせさき市民のもり公園」

Vol.1 「ソニーイーエムシーエス株式会社木更津テック」の環境活動紹介


エコジャーナルブログ
このページのトップへ

マチダコーポレーション Copyright 2006 MachidaCorporation,Ltd. All rights reserved. プライバシーポリシー